一級建築士学科試験 重要ポイント整理と確認問題「構造(知識編)」02【構造計画】

一級建築士学科試験 重要ポイント整理 構造計画学科Ⅳ構造(知識編)

エキスパンションジョイント

エキスパンションジョイント

エキスパンションジョイント (Expansion jointmovement joint) とは,異なる性状を持った構造体同士を分割し,構造物にかかる破壊的な力を伝達しないようにする継目である。地震,温度変化による伸縮,地盤が不均一なため発生する不同沈下など,様々な外力を吸収するために設けられ,損壊を最小限に抑える役割を持つ一般的な建築金物である。エキスパンション (expansion) とは,拡大・膨張を意味する。図面上はExp.Jと表記される。(引用元:Wikipedia

エキスパンションジョイントの設置例
引用元:ABC商会 https://www.abc-t.co.jp/columns/201701expj.html

重心と剛心

重心と剛心
  • 重心:層剪断力の合力点
  • 剛心:水平剛性の中心(壁が偏在すると,剛心は壁のある方向にずれる)

ねじれ変形を避けるため,各階の重心と剛心の距離は離れないように耐震要素(耐力壁等)を配置する。

剛性の変化

剛性の変化

面内剛性

面内剛性

床を伝わって水平力が耐力壁へ流れるが,開口があると伝わらない。また,床の面内の変形が大きくても伝わりにくい。

隅柱と中柱

隅柱と中柱の応力図

短柱

短柱

腰壁,垂れ壁が付くと柱の変形可能長さが短くなり,せん断破壊しやすくなる

スリットを設けることで,短柱になることを防ぐ。

連層耐力壁(連層耐震壁)

連層耐力壁(連層耐震壁)

最下階から最上階まで連続している耐力壁(耐震壁)を,連層耐力壁(連層耐震壁)という。

曲げ降伏は,剪断破壊により崩壊する場合と比べ,急激な耐力低下を生ずることがなく靭性に富む破壊形式である。

塔状建築物

超高層建築物などの細長い構造物に強風が当たると,その両側後方に交互に生じる渦の影響で,風向きと直角の方向に振動を生じ,その振動は,風方向の振動より大きくなることがある

風向の直角方向に振動

確認問題(YouTube)

参考文献:ポイント整理と確認問題(総合資格学院),株式会社 エービーシー商会

リンク集

一級建築士学科試験対応版【重要ポイント整理と確認問題】

二級建築士学科試験対策にも活用してください。

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅱ(環境・設備)

学科Ⅱ(環境・設備)

学科Ⅲ(法規)

学科Ⅲ(法規)

学科Ⅳ(構造)知識編

01 「構造設計の基礎
03 「鉄骨構造

学科Ⅴ(施工)

学科Ⅴ(施工)

一級建築士学科試験過去問

【hint!】「言うまでもなく,過去問対策は重要です。」

「令和2年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

二級建築士学科試験過去問

【hint!】基礎対策に二級建築士学科試験は,基本的な良問が多いです。

「令和2年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

コメント