一級建築士学科試験 重要ポイント整理と確認問題「環境・設備」01【日照・日射】

一級建築士学科試験 重要ポイント整理 環境・設備 日照・日射学科Ⅱ環境・設備

紫外線・赤外線・赤外線

紫外線

  • 波長:380[nm] 以下
  • 化学作用(殺菌作用や退色作用),生育作用

可視光線

  • 波長:380780[nm]
  • 光作用

赤外線

  • 波長:780[nm] 以上
  • 熱作用
可視光線

太陽の位置

太陽高度

太陽高度

太陽高度と太陽方位の関係

太陽高度と太陽方位の関係

日影曲線

日影曲線の読み取り方

  • 影の方向(方位):どの方向に影ができるか?
  • 時刻:その影ができる時刻は何時か?
  • 影の長さ:その時の影の長さはどこまでか?

【Point!】ある時刻における真北方向の影の長さがポイントとなる。

日影曲線

日影となる範囲

終日日影

一日中,日影となる範囲。(日によって異なる)

永久日影

一年中,日影となる範囲。(すなわち,夏至の終日日影)

4時間以上日影となる範囲

4時間以上日影となる範囲は,建築物の高さよりも東西方向の幅による影響が大きい

4時間以上日影となる範囲

日照率

  • 日照時間:実際に日が照っていた時間。(地形や天候の影響を受ける)
  • 可照時間:日の出から日の入り(日没)までの時間。
日照率

日射量

直達日射量

大気中を通り抜けて直接地表に達する日射量。

天空日射量

人気中の水蒸気(雲)や塵埃等で散乱して地表に到達する日射量。

方位別の終日日射量の大小関係

  • 夏至水平面>東・西面>面>北面
  • 冬至面>水平面>東・西面

日照調整

遮熱の効果

側ブラインド>側ブラインド>熱反射ガラス>熱線吸収ガラス

日射遮蔽係数

日射遮蔽係数は,値が大きいほど遮蔽効果が小さくなる。

日射遮蔽係数

確認問題(YouTube)

参考文献:ポイント整理と確認問題(総合資格学院)

参考リンク集

一級建築士学科試験対応版【重要ポイント整理と確認問題】

二級建築士学科試験対策にも活用してください。

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅱ(環境・設備)

02 「採光・照明

03 「色彩

学科Ⅲ(法規)

学科Ⅲ(法規)

学科Ⅳ(構造)

学科Ⅳ(構造)

学科Ⅴ(施工)

学科Ⅴ(施工)

一級建築士学科試験過去問

【hint!】「言うまでもなく,過去問対策は重要です。」

「令和2年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

二級建築士学科試験過去問

【hint!】基礎対策に二級建築士学科試験は,基本的な良問が多いです。

「令和2年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

コメント