一級建築士学科試験 重要ポイント整理と確認問題「法規」01【用語の定義】

一級建築士学科試験 重要ポイント整理 法規 用語の定義学科Ⅲ法規

建築物(法2条一号)

地下又は高架の工作物内に設ける事務所,店舗,輿行場,倉庫等は,「建築物」である。

特殊建築物(法2条二号)

  1. 特殊建築物」は,専用住宅,事務所以外のほとんどの用途が対象。
  2. 法別表1(い)欄には,耐火建築物等としなければならない特殊建築物が規定されている。
  3. 法別表1(い)欄の(2)項から(4)項及び(6)項の用途に類似するものとして,令115条の3にも特殊建築物が規定されている。

建築設備(法2条三号)

建築物に設ける消火用のスプリンクラー設備や貯水槽は,「建築設備」である。

延焼のおそれのある部分(法2条六号)

隣地境界線,道路中心線,建築物相互の中心線から,原則として,1階では3m以下,2階以上では5m以下の距離にある建築物の部分である。

主要構造部(法2条五号)

  1. 主要構造部」は,はリ屋根又は階段の6種類。
  2. 構造上重要でない最下階の床屋外階段及び間仕切壁等は,主要構造部ではない
主要構造部(法2条五号)
引用元:https://www.sbisonpo.co.jp/kasai/estimate/beforeapplication.html

【ポイント】↑防火の観点からみる!

構造耐力上主要な部分(令1条三号)

構造耐力上主要な部分」は,基礎,基礎ぐい,壁,柱,小屋組,土台,斜材等で,建築物に作用する荷重等を支えるもの。

大規模の修繕・模様替(法2条十四号,十五号)

主要構造部」の一種以上の過半について修繕・模様替することをいう。

耐火建築物(法2条九号のニ)

耐火建築物

不燃材料・準不燃材料・難燃材料

建築材料条文耐える時間
不燃材料法第2条第九号20分間(令第108条の2)
準不燃材料令第1条第五号10分間(令第1条第五号)
難燃材料令第1条第六号 5分間(令第1条第六号)

【性能(令108条の2)】

  1. 燃焼しない
  2. 防火上有害な損傷を生じない
  3. 避難上有害な煙又はガスを発生しない(外部仕上げは除く

防火設備(法2条九号のニロ)

耐火建築物準耐火建築物には,外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に「防火戸その他の防火設備」(令109条)を設けなければならない。
遮炎性能」の技術的基準(令109条の2)により,国土交通大臣が定めた構造方法のもの(又は認定を受けたもの)。

地階(令1条二号)

地階」とは,その階の床が地盤面より低く,床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの1/3以上のものをいう。

地階

避難階(令13条一号)

  1. 避難階」とは,直接地上へ通ずる出入口のある階をいう。
  2. 通常地上1階が「避難階」となるが,敷地の高低差により複数の階が「避難階」となる場合もある。
  3. 屋上避難用ヘリポート,避難バルコニー設置階等は「避難階」とはならない。
引用元:建設省住指発第六一号
昭和五四年三月三〇日
特定行政庁あて
住宅局建築指導課長通達

確認問題(YouTube)

参考文献:ポイント整理と確認問題(総合資格学院),国土交通省HP,建築関係法令集(井上書院)

参考リンク集

一級建築士学科試験対応版【重要ポイント整理と確認問題】

二級建築士学科試験対策にも活用してください。

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅱ(環境・設備)

学科Ⅱ(環境・設備)

学科Ⅲ(法規)

02「面積・高さ等の算定方法

03「制度規定

学科Ⅳ(構造)

学科Ⅳ(構造)

学科Ⅴ(施工)

学科Ⅴ(施工)

一級建築士学科試験過去問

【hint!】「言うまでもなく,過去問対策は重要です。」

「令和2年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

二級建築士学科試験過去問

【hint!】基礎対策に二級建築士学科試験は,基本的な良問が多いです。

「令和2年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

コメント