一級建築士学科試験 重要ポイント整理と確認問題「環境・設備」03【色彩】

学科Ⅱ環境・設備

色の3属性

色相(Hue)

赤,黄,緑などの色あいを表す。波長が関係する。

色相

明度(Value)

明るさの程度を表す。反射率が関係する。

明度

彩度(Chroma)

色の鮮やかさ(清濁)を表す。色の純粋さが関係する。

彩度

マンセル表色系

マンセル記号

有彩色:HV/C (H:色相,V:明度,C:彩度)で表す。(例)7.5YR 5 / 4

無彩色: V(明度)のみで表す。(例)N5

補色

マンセル色相環の対角線上にある色の関係を,補色関係にある色という。

純色

各色相のなかで彩度が最高のものを純色という。

マンセル色相環
補色

マンセル色立体

  1. 円周上に色相(マンセルヒュー),縦方向に明度(マンセルバリュー),中心軸から放射状に彩度(マンセルクロマ)を示す。
  2. 明度は完全な黒を0,完全な白を10とする11段階に区分している。
マンセル色立体
マンセル色立体

色の心理的効果

色の心理的効果

色の見え方

面積効果

同じ色でも,面積が大きくなると,明度・彩度ともに高く感じる。

照度効果

同じ色でも,照度が高いと,明度・彩度ともに高く感じる。

プルキンエ現象

明るい所では,555[nm]の波長(緑~黄)が最も敏感であり,暗い所では視感度にずれを生じ,青~青緑色が最も強く感じられる。

プルキンエ現象

色相対比

2つの色を対比すると,色相環の円周に沿って色相が離れて見える。

色相対比

明度対比

同じ色でも,明度の低い色を背景にした場合は,実際の色よりも明度が高く見え,反対に,明度の高い色を背景にした場合は,実際の色よりも明度が低く見える。

明度対比

彩度対比

同じ色でも,背景色が鮮やかであると,くすんで低彩度に見え,反対に,背景色がくすんでいると,鮮やかに高彩度に見える。

彩度対比

視認性

同じ条件下での色の見えやすの度合を視認性という。一般に,対象と背景との明度の差が大きいほど視認性が高い

視認性

誘目性

たくさんの色の中での目立ちやすさを誘目性という
一般に,無彩色よりも有彩色のほうが高く,色相では赤が最も高く,青がこれに続き,緑は最も低い。また,明度・彩度が高いほど誘目性は高くなる。誘目性は視認性とは異なり,心理的な影響もある。

誘目性

確認問題(YouTube)

参考文献:ポイント整理と確認問題(総合資格学院),ロックペイント株式会社,一般社団法人日本カラリスト協会

参考リンク集

一級建築士学科試験対応版【重要ポイント整理と確認問題】

二級建築士学科試験対策にも活用してください。

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅰ(計画)

学科Ⅱ(環境・設備)

01 「日照・日射

02 「採光・照明

学科Ⅲ(法規)

学科Ⅲ(法規)

学科Ⅳ(構造)

学科Ⅳ(構造)

学科Ⅴ(施工)

学科Ⅴ(施工)

一級建築士学科試験過去問

【hint!】「言うまでもなく,過去問対策は重要です。」

「令和2年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 一級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

二級建築士学科試験過去問

【hint!】基礎対策に二級建築士学科試験は,基本的な良問が多いです。

「令和2年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「令和元年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

「平成30年 二級建築士学科試験 本試験【過去問】は,こちらです」

コメント